社会福祉法人 弾心会 春の町保育園

保育園だよりNews letter

全体のおしらせ * 2020年11月号

 11月がやってきました。赤や黄色の葉っぱが茶色に変わり、子どもたちはその中でもきれいな落ち葉や木の実探しを園庭のあちこちで楽しんでいます。赤や黄色の落ち葉を耳に見立てて帽子にはさみウサギになりきってピョンピョン跳んで遊んだり束にしてホウキやお面にしたり、色々な実を拾い集める宝探しをしたりしています。園庭の実のなる木は「どんぐり」「まてばしい」などです。園庭のどんぐりは子どもたちに拾いっくされなくなったので園外散歩の時に珍しい実をポケットやバッグに入れて持ち帰る前にお友だちに見せ自然からのプレゼントの喜びを分かち合ってます。実りの秋は食欲だけでなく、子どもの遊び心にも意欲を与えているようです。

 いのちのたび博物館に行きました
 先月28日にぞうグループだけでいのちのたび博物館に歩いて行きました。ぞうグループになって初めての遠足に登園した時からワクワクドキドキしていました。興奮気味の子どもたちにとってぞうグループらしく節度を守りながら周りの来館者にも配慮をしての見学となりました。化石に興味がある子はアンモナイトなどの小さな化石から大きな化石の名前をカタカナで読み上げて友だち同士で盛り上がってしまい、時々「シー!」と注意を受けました。
 遠い所からバスに乗って来館していた小学生の団体がいくつもいてソーシャルディスタンスに気を配りながらの見学になりましたが。・唾が飛ぶような大声で喋らない・やたらと触らない・間隔を空けて並ぶ・手の消毒、と気を使っての見学でしたがひさびさのお出かけにほっこりした笑顔で帰園しました。

【芝生公園でシートを忘れた子がシートを貸してくれたお友だちにデザートの果物をお礼に分けてあげている場面がありました。年長児になると相手の気持ちや感謝を表す行動も自然に出来るようになっているのだと、担任が感動したエピソードです。】

ももぐみ

日中の気温差が激しく、体調の管理が難しい時期になってきましたが、子ども達は元気いっぱい遊んでいます。園庭散歩や園庭あそびが日課になっている子ども達。たくさん遊んだあとはおなかがすくようで毎日の食事を楽しみにしています。9時頃、牛乳やお茶をのみ、10時前1回食の子どもたちはミルクをのみます。10時すぎ、2回、3回食の子は離乳食をたべます。10時半頃には普通食をたべます。
たくさんたべたあとは、お昼寝タイム。午後からも元気いっぱいあそびます。

たんぽぽぐみ

一段と日暮れが早くなり、朝晩の冷え込みが晩秋の訪れを感じさせてくれます。園庭の落ち葉が赤や黄、オレンジへと姿を変え、お散歩が楽しい季節になりました。子どもたちはどんぐりを拾ったり、落ち葉を集めたりして自然と触れ合いながらお散歩を楽しんでいます。また、少しずつ言葉数も増えてきて自分の思いを言葉や行動で伝えてくれるようになり、保育士や友だちとやりとりする場面が増えてきました。日に日に気温が低くなってくるので、子どもたちの体調の変化に気をつけながら楽しく過ごしていきたいと思います。

すみれぐみ

一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みがますます深まる秋を感じさせてくれます。心地よい秋晴れの中、子どもたちはどんぐりを拾ったり、落ち葉を踏んでカサカサする音を楽しんだり、自然に触れて遊んでいます。
進級時はまだ難しかった靴や靴下、ズボンの着脱など、身の回りのことが少しずつ自分で出来るようになってきました。まだ少し時間がかかりますが、おうちでも練習をし、出来た時はたくさんほめてあげて下さい。

ひまわりぐみ

落ち葉が北風に舞い、晩秋の気配が感じられるようになりました。園庭では子どもたちが色とりどりの落ち葉やどんぐりを拾い集めて自分のポシェットに入れ、大切に持ち歩いていました。今ひまわり組では落ち葉を帽子につけて耳の様にしてウサギのまねっこ遊びをしている子が沢山います。そのままケンケンパのコーナーへ行きジャンプを楽しんでいるようです。天気の良い日は園外散歩へ行き公園ですべり台や鉄棒を楽しんでいます。つい先日、クラス全員の子が鉄棒にぶら下がれるようになりました。これからも体をしっかり動かして色々な事にチャレンジ出来たらと思っています。

ばらぐみ

心地良い天気が続き、園庭での戸外遊びでは縄跳びやモザイクタウン、どんぐりや落ち葉を使ったごっこ遊びなどお友だちと一緒に遊ぶことを楽しんでいた子どもたち。天候が心配された運動会も無事に開催することが出来ました。最後の運動会になるぞうグループは、太鼓や組体操、よさこい踊りとたくさん練習を重ね、成長した姿を保護者の方に見て頂くことが出来ました。クラス対抗リレーでは惜しくも2位となってしまい、優勝出来ませんでしたが、最後まで力を出し切った子どもたちは爽やかな笑顔でした。
たくさん、たくさん頑張った子どもたちをギュ~っと抱きしめたい気持ちになりました。

ゆりぐみ

運動会では、ぱんだグループはかけっこ、きりんグループはリレー、ぞうグループはよさこい組体操だど初めてのことに挑戦し、がんばる事が出来ました。クラス対抗しレーの練習では、なかなか差が縮まらず「次は勝てるよ!がんばろう!」と声を掛けあい、はげましあってきました。結果は3位でしたが来年は大きなトロフィーをもらうんだと張り切っています。
製作ではハロウィンのかざりを作りました。上手にカボチャのかざりをマイスティックにのり付けして様々なかわいいかざりが出来ました。

さくらぐみ

さくら組では、「ハロウィン」のおばけやカボチャを折り紙で折って、1人ひとりかわいいハロウィン製作が出来上がりました。そして室内では、積木をつんで恐竜をラQでつくったり、階段や玩具をラQで作ったり・・・と、遊びの世界を楽しんでいます。11月は園外散歩を増やして小さな秋探しに出掛けたいと思います。そして、10月17日(土)は規模を縮小してミニ運動会をしました。年長さん(ぞうグループ)は、出番が多くありましたが、最後まで気を抜かず、かっこいい姿をみてもらう事ができました。行事を通して、また成長できました。

ファミリークラス

日が暮れるのが早くなり、子どもたちが夢中で遊んでふと窓の外を見て「外、暗いね」「ほんとだ」などの会話が聞かれます。子どもたちも季節の移り変りを感じているようです。ファミリーでもラQを出しています。子どもたちは工夫をして恐竜を作ったり、小さい子はつなげと「魔法の棒」と言って自分たちが思ったものを作って遊んでいます。未満児さんは、自分で絵本を持って来て保育士を一緒に見ています。絵を見て指さししてみたり何やら話しかけてきたりと楽しく見ています。


今月のおすすめクッキング

秋はさば・いわし・さんまなどの青魚がおいしい季節です。青魚の油には、DHAやEPAが多く含まれていて、これらは目の働きを良くしたり、脳の活性化を高めたり、血液をさらさらにするといった効果があるといわれています。


  • 和風サラダ
    材料(大人約4人分)
     
キャベツ * 作り方 *
① キャベツ、きゅうり、人参は、せん切りにして、
 さっとボイルし、冷やして水気をしぼっておく。
② 竹輪は縦半分の薄切りにしておく。
③ Aの調味料をあえ煮切る(みりんが入るため)。
④ ①、②、③とごまをあえる。
 
きゅうり
人参
竹輪
いりごま
A 酢
A しょうゆ
A みりん

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 春の町保育園

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

↑ PAGE TOP