社会福祉法人 弾心会 春の町保育園

保育園だよりNews letter

全体のおしらせ * 2019年12月号

 とうとう今年も最後の月になりました。保護者の皆様には行事を通じて何かとご協力頂きありがとうございました。来年も職員一同保護者の皆様と共に保育園をもり立てるようにがんばる所存でおりますので、よろしくお願いします。
 先月の11月20、21日に、5歳児がお泊り保育でもりのいえに行きました。今回は八幡駅まで歩いてJRに乗って小倉駅でモノレールに乗り換え、企救丘駅で降りてタクシーに乗ってもりのいえまで行く、という体験をしました。普段からあまり公共交通機関に乗る機会がない子どもたち…特に珍しいモノレールは初めて乗った子も多く、みんな窓からの景色が珍しく全員でおしりがこちらを向いている光景もありました(笑)。約2時間の長旅でしたが子どもたちは、キラキラしたまなざしで、もりのいえに到着しました。もりのいえに着くなり、間もなく入所受付にチケットを各自渡して和室の広い部屋のロッカーに自分のリュックや帽子、ジャンパーを片づけて、置いてある色んな玩具で遊んだり、廊下の玩具コーナーを使ったりと楽しいスケジュールがいっぱい詰まって忙しかったので、寂しいと思う暇もない様子でした。その後も草すべり、おもしろ自転車遊び、遊戯室での体育遊びなど夢中になるものばかりで大喜びでした。にぎやかに入浴した後は昼間の疲れのせいか、9時の消灯にすぐに入眠して、夜中に起きだす子もいませんでした。あっという間に朝が来たので子どもたちは(お父さんお母さんと離れて)一晩過ごすことが出来た達成感があり、自信で満ちた顔で保育園に帰る事が出来ました(^^♪

ぞうグループが3園交流会をしました
11月27日にふたば保育園、つばさ保育園の5歳児の友だちと交流会をしました。今回は、つばさ保育園に遊びにお邪魔しましたが、曇り空の中、手を繋いで歩くのに慣れているぞうグループは片道30分の道のりを紅葉した街路樹の落ち葉の絨毯を踏み、秋の風景を眺めながら歩きました。どんぐりや、まてばしいの木の実が落ちているのを見て、「保育園と同じ木が植わってるんだね~。」と楽しみながら保育園に着きました。わなげ、塗り絵の貝ペンダント、シアター、シーパーラーなど海をテーマにしたコーナーを2~3人グループで一緒に廻って遊びました。シーパーラーでは海の中の喫茶店のような貝殻の椅子に座りジュースとお菓子をいただいて、夢のような体験をしました。来年度から小学校に入学する同級生として別の小学校に分かれる子や偶然同じ小学校に入学する友だちもいるかもしれません。短い時間でしたが、帰る時など同じグループの友だち同士握手する微笑ましい場面もありました。

ももぐみ

ハイハイをしたり、伝え歩きをしたり、活発になってきた子どもたちです。歩ける子どもは、園庭に遊びに行くようにしました。”帽子””靴”とベビーサインをすると園庭に行くとわかり準備を始めます。園庭では、すべり台をすべったり、園庭の中を歩き回ったりして自分たちの遊びを楽しんでいるようです。お部屋ではテーブルを出して机上の遊びをするようにしました。テーブルの上におもちゃを置くと椅子に座り、遊び、そばにいる保育士とのやりとりも楽しんでいるようです。

たんぽぽぐみ

吹く風が冷たくなり冬本番といった感じになってきました。どんなに寒くてもやっぱり子ども達は外遊びが大好き!!「帽子」「靴」とベビーサインをしながらはりきって準備をして出かけて行きます。戸外では枯葉やどんぐりを拾って大事そうに持ち歩いたり、枯葉を耳に見立てて帽子に付けてウサギの真似をしたりと、この季節ならではの遊びを楽しんでいます。1才児の子は保育園正面の坂を下りて車の様子を見に行くと「バス」「トラック」「ブーブー」と指さししながら楽しそうに見ていました。0才児の子は園庭を歩いて一周回れるようになりました。しっかり足を踏みしめて歩く姿に成長を感じます。今月も残りひと月となりましたが体調に気を付けながら皆で楽しく過ごしていきたいと思います。

すみれぐみ

園庭の木々がすっかり色づき、冬の訪れを感じるようになりました。落ち葉や木の実、どんぐりを拾い集めては大切そうにお部屋に持って帰り、自分のロッカーに入れている子の姿も、大人にとってはなんでもないものも小さいな子には大切な宝物なのでしょう。
先日は初めて尾倉一丁目公園までお散歩にでかけました。毎日の習慣として取り入れてきた手つなぎ園庭散策の成果か、とてもスムーズに上手に歩くことができました。これから寒くなってきますが、体調を崩さないよう様、元気いっぱいすごしたいと思います。

ひまわりぐみ

寒くなってきましたが、元気一杯のひまわり組です。以上児の園庭のモザイクタウンの練習をしていて、順番ですべり台をすべったり、綱を渡ったりしています。新しい経験をするたびにたくましくなっていってますよ。部屋では、LaQ作りに夢中です。見本を見ながら作り、完成できたらうれしおうに見せにきてくれます。

ばらぐみ

絵本「万次郎さんとおにぎり」の主人公、万次郎さんの田んぼでとれたお米がばら組に届き、おにぎりクッキングをしました。好きな形に握り、のりで「うさぎ」や「サッカーボール」などを作りおいしく食べました。また、園庭で拾い集めたどんぐりや小枝で作ったチョコやケーキを使って「どんぐりカフェ」をオープンしました。落ち葉でお金も作り、ごっこ遊びを楽しんでいるばら組です。
今月は、クリスマスの雰囲気もクラスで楽しんでいきたいと思います。

ゆりぐみ

もうすぐクリスマス♪子どもたちも「サンタさん来てくれるかな~」と楽しみにしています。ゆり組に飾るクリスマスツリーのオーナメントを紙粘土で作りました。自分の好きな型抜きを選んで絵の具で色を塗りました。キラキラシールもたくさん貼ってステキなオーナメントが出来ました。ごっこ遊びなどでは、絵本「こんやはおすしやさん」をテーマに手巻き寿司屋さんをしようと、フェルトで食材を作ったり、毛糸でご飯を編んで作っています。どんな手巻き寿司が出来るか楽しみです。

さくらぐみ

年長児(ぞうグループ)は11/20~1泊2日で『もりのいえ』にお泊まり保育に参加しました。草スキー・山探検・乗り物あそびと、自然に触れながら楽しいひとときを過ごす事が出来ました。12月は、1人3玉の毛糸を使って、根気よく、マフラー編みをします。手作りマフラーの反応が今から楽しみです。さくら組は室内に積木のツリーを作り、『サンタさんからきたてがみ』の絵本をもとにおてがみを書いたり、ポストに入れた手紙を配達したりする予定です。お店やさんはもちろんクリスマスにかかせない『ケーキやさん』毛糸を巻いたり、フェルトでくるんで、色とりどりのケーキも完成間近です。

ファミリークラス

部屋はすっかりクリスマスです。サンタの飾りに大喜びの子ども達です。ままごとコーナーもクリスマスパーティをして楽しんでいます。特にピザができあがると「食べて下さ~い」と笑顔でもってきてくれます。レゴブロックも毎日色々な物に変身していて子ども達の想像力の豊かさを感じます。暖かいホットカーペットの上でゴロゴロする姿もかわいいですよ。今年も終り少なくなりました。カゼに負けず元気に過ごしたいと思います。

今月のおすすめクッキング

寒くなると水が冷たくなり、指先だけをぬらすなど、手洗いが不十分になりがちです。手洗いは食中毒予防や、風邪やインフルエンザの予防にも効果的ですのでしっかりと行うようにしましょう。


  • 鶏のから揚げ甘辛煮
    材料(大人約4人分)
     
鶏もも肉 * 作り方 *
① 鶏肉は食べやすい大きさに切る。
② ①に片栗粉をまぶして油でカラッと揚げる。
③ Aの調味料を鍋で煮立たせる。
④ ②を③にからめてできあがり
 
片栗粉
A 砂糖
A しょうゆ
A みりん
A 水
A 白ごま
揚げ油

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 春の町保育園

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

↑ PAGE TOP