社会福祉法人 弾心会 春の町保育園

保育園だよりNews letter

全体のおしらせ * 2019年1月号

 12月29日から1月3日迄の6日間年末年始のお休みに入ります。
あわただしい時期ですがお子様とゆっくり関わる良い時期になると思います。
楽しい年末年始を、お迎えください。

12月に以上児クラスでクッキングをしました
ばら、ゆり、さくらぐみの以上児はそれぞれテーマにしている絵本を題材にクッキングを行いました。ばらぐみは「ぐりぐらのおきゃくさま」でパンケーキを作りました。ホットプレートで各自で食べる分を焼きました。それぞれ、トッピングの果物やジャム、メープルシロップ、ハチミツを好みで盛り付けました。パンケーキが苦手な子は自宅から代わりの主食を持って来ていましたが自身で作ったパンケーキの魅力には勝てず…みんなで美味しく食べる事が出来ました。
ゆりぐみは「ちょろりんのすてきなセーター」でゼリーを作りました。ちょろりんから手紙がきて、一緒にゼリーの粉も送ってくれました。作ったゼリーはピンク色と緑色の2色のゼリーで別々に作って好きなように重ねてフルーツをトッピングして豪華にクリスマスの雰囲気で豪華になりました。最初は1袋しかない粉からお湯を混ぜると2色になった魔法のクッキングに子どもたちはびっくりして楽しみました。
さくらぐみは「どんぐりむらのぱんやさん」でチーズ入りのパンを作りました。めん棒で生地をのばして中にとろけるチーズを入れたので、食べた時にチーズがのびるのを楽しみました。美味しくて好評だったのでレシピをもらって家庭で作った子もいました。
各クラスで違うおやつに取り組んでいたので、それぞれの子どもの反応が興味深かったです。

ももぐみ

冬の寒さが本格的になり、室内や廊下で過ごす事が多くなりました。暖かい室内では、指先を使ってチェーンリングやロンディへのポットン落としをしたり、つかまり立ちやつたい歩き、ハイハイなどを活発に行っています。廊下では、たんぽぽ組のお友だちと一緒にボールやビニールトンネルをくぐって遊ぶこともありました。また、わらべうたが大好きな子どもたちは保育士がわらべうたを歌うと喜んだり、動きを真似したりする姿がみられ、とてもかわいらしいです。

たんぽぽぐみ

日に日に寒くなり、朝夕の冷たい風が身に染みる季節となりました。歩行が安定してきた子が増え、天気の良い日は上着を着て園庭遊びを楽しんでいます。園庭に行けることを喜び、活発に動きまわって遊んでいる子どもたちです。言葉も少しずつ出るようになってきて、「せんせーい」「ばいばーい」など行ってくれる姿が見られるようになっています。毎日少しずつ子どもたちの成長する姿が見られて、私たちもほっこり温かい気持ちになります。子どもたちの成長を見守りながら、楽しく過ごしていきたいと思います。

すみれぐみ

寒さが本格的になり、冷たい風が身にしみる季節をなりました。
冬の園生活にもすっかり慣れ、「お外に行くよ」と声を掛けると、喜んで帽子と防寒着を取りに行っています。園庭には寒さを吹き飛ばすほどの元気な声が響いています。お友だちと追い掛け合ったり、固定遊具でたくさん身体を動かしたりして、元気いっぱい遊んでいます。お天気の良い暖かい日には園外にお散歩に行っています。足取りもしっかりしてきて、お友だちと手をつないで歩く姿に成長を感じています。
早いもので、すみれ組もあと3ヶ月となりました。引き続き体調管理に気を配り、1日1日を楽しく過ごしていきたいです。

ひまわりぐみ

園庭に出ると「寒むーい」と言いながらも元気に遊んでいる子どもたちです。モザイクタウンに登るのも毎日遊びながらも練習をしていくと、子どもたちも怖がることなく登ることができています。お部屋では先日、小麦粉粘土で遊びました。なかなかさわれずにいた子どもも周りのお友だちがまるめたり、ちぎったりしているのを見て、さわってみると意外に感触がよく遊んでいました。お団子や大きなおにぎりを作って楽しく遊びました。

さくらぐみ

12月中旬にクラスで「チーズナン」を作りました。牛乳で粉をこねて発酵前後の違いに驚き、丸めて、伸ばして、焼いて、おいしく食べました。遊びの中で楽しんだことを実際体験すると、よりパン作りが身近になるようです。次は「からすのそばやさん」「からすのてんぷらさん」のお店づくりをしています。ラキューでおいしそうな「天むす」も出来て、そばの上にも、エビ天がのっています。「食べたいね~」といいながら作る子どもたち。くいしん坊いっぱいのさくら組です。沢山たべて、寒い冬も元気に過ごしていきたいと思います!

ゆりぐみ

寒い日が続き、雪がちらちらと舞う日もありました。子どもたちは身体いっぱいに冬を感じて遊んでいました。12月には絵本の主人公の”ちょろりん”から手紙と魔法の粉が届きました!魔法の粉にお湯を入れるとピンク(いちご味)とみどり(青りんご味)のゼリーになりました。仕上げにみんなでフルーツをのせて、かわいいクリスマスゼリー作りを楽しみました。

ばらぐみ

あけましてあめでとうございます。今年も宜しくお願いします。1月のばら組は「おおさむ、こさむ」の雪の国と「まゆとおに」のおにぎりやさんです。おにぎりの種類の多さにびっくりですが、とても美味しそうなおにぎりとお汁です。寒い冬にはぴったり!!
ひまわり組さんも遊びに来るようになり、進級・進学が近づいてきている喜びもあり、お兄ちゃん、お姉ちゃんになっています。小さい子に優しく接している子ども達です。

ファミリーぐみ

今年度も残すところあと2ヶ月になりました。
ファミリークラスの子どもたちは、友だちと一緒に楽しそうに遊び、保護者の方のお迎えを待っています。以上児(3、4、5歳児)は塗り絵が上手になってきました。塗り始めると真剣にはみださないように塗っています。2歳児の子はシール貼りが上手になりバランスを考えながら貼っています。これからも1日1日を大切にして笑顔があふれる温かいファミリークラスにしていきたいと思っています。

今月のおすすめクッキング

青菜をしっかり食べましょう。
ほうれん草、小松菜、水菜、春菊など青菜は冬が旬の食材です。寒さによって甘味も増します。夏には収穫するものに比べ栄養価も高くなっています。
鍋物やおひたし、サラダなど幅広く使用することができるので、旬のこの時期、青菜をしっかり食べて元気に過ごしましょう。


  • 厚揚げと小松菜の和風炒め
    材料(大人約4人分)
     
厚揚げ * 作り方 *
① 厚揚げは適当な大きさに切り、
 熱湯をかけて油抜きし、水を切っておく。
② 小松菜が3㎝幅に切り、茹でる。
③ 人参はいちょう切り、玉ねぎは人参と
 同じくらいの大きさに切る。
④ 豚肉を炒め、③を加えて火を通す。
⑤ 厚揚げを加え、しょうゆ、みりん、砂糖で
 味をつける。
⑥ 小松菜を入れてさらに煮て、かつお節を
 ふりかける。



小松菜
豚肉
(こま切れ)
人参
玉ねぎ
かつお節
しょうゆ
みりん
砂糖

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 春の町保育園

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

↑ PAGE TOP