社会福祉法人 弾心会 春の町保育園

保育園だよりNews letter

全体のおしらせ * 2018年11月号

 11月がやってきました。赤や黄色の葉っぱが茶色に変わり、子どもたちはその中でもきれいな落ち葉や木の実探しを園庭のあちこちで楽しんでいます。園庭にある実のなる木は「まてばしい」「あらかし」「しらかし」「アメリカフウ」「椿」などです。園庭のどんぐりは、まだ青くて落ちていない状態の木もありますが、去年に比べて実が沢山ついています。園庭で遊ぶ子どもたちは、枝について実がなっていたら、宝物みたいに大事にポケットにしまい保育室やお家に持って帰り、お友だちに見せたりして自然からのプレゼントの喜びを分かち合います。
 実りの秋は食欲だけではなく、子どもの遊び心にも意欲を与えているようです。

 発表会を終えて
 先月に行われた発表会にはたくさんの保護者の方にご参加頂きましてありがとうございました。日頃、異年齢保育に取り組んでいる事で歳の違う子ども同士の関わり方が、劇遊びを一緒に作り上げる事でまた一層、友情が深まったのではないかと思います。5歳児、4歳児は段々と練習を積み重ねていくうちに年長、年中としての自覚が育ち、3歳児にセリフや踊りを教える微笑ましい姿も見られました。
以上児クラスは自分たちが身につける衣装や小物、背景等、保育士と一緒に絵を描いたり、スタンプをつけたりと楽しみながら作り上げて準備をしました。特に5歳児は覚えるセリフが多く年下の子がセリフを忘れた時に小声で教えてあげるなど、自分の事だけでなく、周りのことも気を配っていました。4歳児は3歳児の側にいて一緒に踊ったり小さな子のお世話をしてくれたりととても張り切っていました。年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんが側にいてくれているせいか3歳児は初めての劇でセリフや踊りを覚えながら、本格的な衣装をつけて、ドキドキしながらでも泣かないで舞台に立つことが出来ました。短い劇遊びの中だけでも日頃の異年齢保育での友だち同士の関わり方の様子が見られた発表会でした。

ももぐみ

 肌に感じられる風も段々と冷たくなり晩秋の気配を感じれる様になってきました。今月は4名のおともだちがたんぽぽぐみに移行し、2名のあたらしいお友だちがももぐみさんに加わりました。
天候の良い日はウッドデッキですべり台や、つかまり立ち、ハイハイしたりと体を思いきり動かし、たのしくすごしています。又、1人ずつ保育士がだっこして園庭をお散歩しています。色付いた葉っぱやおちばを触り不思議そうな顔したり、にっこり笑ったり、かわいい表情が沢山みれて、私たちも元気をもらっています。急にすずしくなってきたので、体調に十分気をつけてすごしていきたいと思います。

たんぽぽぐみ

 一段と日が暮れるのが早くなり、季節の移り変わりを感じる頃になりました。朝、晩に少し肌寒くなりましたが、子どもたちが元気いっぱいです。
 天気の良い日は戸外あそびを楽しんでいます。戸外あそびが大好きな子どもたちは、園庭でシーソーに乗ったりすべり台をすべったりして遊んでいます。また、友だちと手をつないで園内散歩を楽しんだりもしています。
 子どもたちの体調の変化に気を付けながら、今月も秋の自然に触れて楽しく過ごせるようにしていきたいと思います。

すみれぐみ

 一段と日が暮れるの早くなり、朝晩の冷え込みがますます深まる秋を感じさせてくれます。子どもたちは戸外で元気いっぱい遊んでいます。どんぐりを拾ったり、落ち葉を拾ってカラー帽子につけ、ウサギの耳を見立ててぴょんぴょんと飛び跳ねたりして自然との触れ合いを楽しんでいます。10月27日に行われた発表会では大勢の方を前に少し緊張していた様子の子どももいましたが、だるまさんになりきったり、わらべうたを楽しんだりと成長した可愛らしい姿を見ることが出来ました。
また、10月31日は遠足にも行って来ました。園周辺をお友達と楽しく歩き、お昼には保護者の方の作ってくださった愛情たっぷりのお弁当を美味しく食べました。11月は寒さに負けずに元気過ごしていきたいです。

ひまわりぐみ

 発表会へのご参加ありがとうございました。遊びの中で「おおきなかぶ」の歌を口ずさんだり、戸外遊びで雑草を抜き「おおきなかぶが抜けたよ!」と絵本の世界に親しみを持っていました。本番では緊張していましたが元気よく表現遊びをすることができていました。
 積み木コーナーでは小さな積み木を使い「もりのおふろ作ろう!」とお友達と一緒に絵本に出てくるお風呂を作るなど、お友達と一緒に遊んだり、協力して作ることを喜ぶ姿が見られました。

さくらぐみ

 10月27日に発表会がありました。異年齢クラスの為3~5歳児皆で「ピノキオ物語」に挑戦しました。当日は緊張もありましたが、精一杯頑張った子どもの姿をみて、感動しました。大好きな保護者の方に、その姿をみせたいという思いが、伝わってきました。
 今月は、魚に関する食育や、七五三、そして、年長さんは、お泊まり保育もあります。まだまだ楽しみが続きます。そしてさくら組では、「どんぐりむらのぼうしやさん」の絵本から、それぞれの帽子の製作をしています。毛糸でボンボンを作ったり、毛糸を編んだり、色紙で貼ったり・・・まだまだ製作途中ですが、個性的な「帽子」が出来るのを楽しみにしています。

ゆりぐみ

 日がだんだんと短くなり、吹く風も冷たくなってきて季節の移り変わりを感じる中、子どもたちは元気いっぱいにあそんでいます。10月には発表会があり、「どうぞのいす」をテーマに劇をしました。大勢の前での発表に緊張した様子でしたが、やり遂げることが出来、達成感を感じていた子どもたちです!

ばらぐみ

 楽しかった発表会も終わりました。沢山の保護者の前で緊張したことと思いますが、それぞれ衣装を着て役になりきり頑張る姿に拍手でした。発表会ごっこでは、他のクラスの衣装を着て喜んでいましたが最後は「うらしまたろう」になっていました。子ども達の大きな成長がみれました。
 今月は「お医者さん」ごっこを楽しみたいと思います。つみ木で病院作りをはりきってくれている子ども達!こわさないように丁寧に作っている最中です。

ファミリーぐみ

 肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。
 ファミリークラスの子どもたちは保護者のお迎えが来るまで毎日楽しそうに遊んでいます。
 先月からピザ屋さんごっこを始めました。ぞうグループ(5歳児)の子どもたちが、ピザをトッピングして作った物をきりんグループ(4歳児)や、ぱんだグループ(3歳児)の子どもたちが食べる真似をしています。ひまわり組(2歳児)の子も興味津々で見ています。0、1歳児の子もファミリー室に慣れ、泣かずに遊んでいます。これからも楽しい遊びを考えていこうと思っています。

今月のおすすめクッキング

秋が旬のいも・きのこ類には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は便秘を防ぎ、血糖値の急激な上昇を抑えるため、生活習慣予防にとても効果的です。
普段の食卓に積極的に取り入れていきましょう。


  • 春雨とちりめんの油炒め
    材料(大人約4人分)
     
春雨 * 作り方 *
① 春雨は茹でて水にさらし、食べやすい長さに切る。
② しらす干しはさっと水洗いして水きりしておく。
③ さやいんげんは斜め切りにし、塩茹でしておく。
④ 人参、玉ねぎは、せん切りにする。
⑤ キャベツは短冊切りにする。
⑥ 鍋で豚肉を炒め④、⑤の野菜と春雨を入れ、
 よく炒める。
⑦ 塩としょうゆで味付けし、最後にさやいんげんを
 入れる。



しらす干し
豚肉
(こま切れ)
人参
さやいんげん
玉ねぎ
キャベツ
しょうゆ

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 春の町保育園

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

↑ PAGE TOP