社会福祉法人 弾心会 春の町保育園

保育園だよりNews letter

全体のおしらせ * 2019年2月号

 寒さが最も厳しい2月となりましたが暦の上では立春を迎えました。交友関係の広がった子どもたちは元気いっぱい仲よく遊んでいます。この2月はよく逃げる月と言われますが年間のまとめの時期ですので大切なものは逃さないように心して保育していきたいと思います。インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症、ウイルスにはA型B型C型の3種類があり、このうち感染力が強いのがA型とB型です。感染の経路には大きく2つで、くしゃみや咳からうつる飛沫感染、物を触ってうつる接触感染があり、軽い症状のインフルエンザも少なくないということです。咳やくしゃみが出ているお子さんは家からマスクを着用するなどのご配慮をお願いします。
 又、この時期は暖かかったり寒かったり気温の差が大きいので油断は禁物!これまで同様健康管理には充分気を配りましょう。

 チューリップを手作りしています。
 今年の5歳児の子どもたちは廃材を便って作ることが得意です。例年、11月にチューリップの球根を土と一緒に植えて育てるのですが、今年の5歳児の手先の器用さと工作好きを見込んで、折り紙や画用紙で作ったチューリップの鉢を卒園式の会場に飾る予定です。個性が出る🌷ができそうです。

ももぐみ

もうすぐ節分!ということで、ももぐみさんも豆入れを作りました。小さな小さなかわいいお手々手型をとり、手型にツノやお目々、口を書いて豆入れにはりました。廊下では、はいはい、つかまり立ち、つたい歩き、1人で立っちしたり、歩いたり、皆元気いっぱいあそんでいます。
まだまだ寒い日が続きますが、また雪がふってきたら、皆で見たりさわってあそんでみないなー♡とたのしみにしています。

たんぽぽぐみ

1月末に節分の豆入れを作りました。
子どもたちはクレヨンでなぐり描きをしました。初めてのクレヨンで戸惑う子もいましたが、なぐり描きも上手に出来、可愛い豆入れが出来ました。
今月よりもも組から2名、新入園児1名がたんぽぽ組となり、13名になりました。暖かい日は戸外に出てあそびたいと思います。
3日には可愛い鬼さんが登場します。どんな反応するか楽しみです。

すみれぐみ

今月は立春を迎え、暦の上では春になります。春というにはまだ寒いですが、寒さの中にも少しずつ暖かい陽光を感じることがあります。
保育室には、子どもたちの元気な声が溢れています。遊びの中で保育士やお友だちとの会話を楽しんでいます。「○○くん、まって~」「貸して」「先生これどこ!?」とお友だちと関わりながら遊ぶ姿が見られます。時にはクスッと笑ってしまうような面白いおしゃべりが聞こえてくることもあります。
節分に向けて、豆入れの製作をしました。画用紙になぐり描きをしたり、シールを貼ったりして個性豊かな鬼の豆入れが完成しました。
今月もインフルエンザなどの感染症の風邪に負けずに元気過ごしていきたいと思います。

ひまわりぐみ

風が冷たく寒い日でも、子どもたちは「さむ~い」と言いながらも、園庭で戸外遊びを楽しんでいます。三輪車やモザイクタウンで遊ぶ事にも慣れ、たくさん体を動かして遊んでいます。今月は、節分の豆入れの製作もしました。目や口、まゆげを貼ると、表情豊かな、かわいい鬼ができました。髪の毛は毛糸を巻いて作りました。壁に飾ると、お家の人に目をキラキラさせながら「見て!鬼作ったよ」嬉しそうに話す子どもたちです♪

さくらぐみ

戸外では「芝生鬼ごっこ」「長縄とび」「コマまわし」「羽つき」が人気で、体を沢山動かして元気に遊んでいます。室内では「からすのそばやさん」を終了し、次の遊びのテーマ「ふわふわふとん」の絵本へと移りました。どんなものが作りたいとか、次は何屋さんにしたい等の意見もあり、お部屋の模様替えをして、真ん中に「やなぎハウス」を作る予定にしました。お店屋さんは「ふわふわしたものがいいよね・・・」と皆で「オムレツ」か「ロールケーキ」で悩み、結局「ふわふわロールケーキの店」となりました。ケーキの中心に入れるフルーツソースに見立て「抹茶」「チョコ」「ブルーベリー」「イチゴ」色の毛糸で、指編みをしています。フェルト・綿・毛糸を使って、おいしいロールケーキを目指しています。

ゆりぐみ

新しい年が始まり、あっという間に1ヵ月が経ちました。子どもたちは冬の寒さに負けず、元気いっぱいに遊んでいます。雪の降る日もあり、冷たい雪を触って大興奮でした。お部屋の中では『くすのきだんちはゆきのなか』という絵本をテーマに遊んでいます。”レストランくるみてい”がオープンし、年長児を中心に喜んで遊ぶ姿が見られました。未満児クラスの子達もお客さん役になってお店に来てくれました。

ばらぐみ

寒い日でも戸外で元気いっぱい遊び回っている子ども達です。雪がちらつくと「雪女来るんよね?」と絵本「ゆきおんな」の話になります。雪女よりちょっぴり怖い「鬼」の季節です。豆入れ作りながらも「鬼は来るの?」「豊山神社から来る」など会話もしていますが「まめとおに」の『おに』は平気な様子で「おにのおにぎりや」は毎日盛り上がっています。現実と夢と絵本の世界を行ったり来たり楽しんでいます。ひまわり(2歳児)も一緒になり楽しい毎日です。体調悪い子も少なく元気なばら組さんです。今月は雪が積もるかな~?

ファミリーぐみ

寒い日が続いていますが、子どもたちの元気な声が室内を暖かくしてくれます。1月からひまわり組(2歳児)の子も以上児(3、4、5歳児)と一緒にファミリー室別館に行っています。順番に手を洗い座っておやつを待つことができています。ぞうグループ(5歳児)のお当番さんは、ひまわり組の子のおやつも張りきって配っています。おやつを食べ終わると自分たちで気の合う友だちと好きな遊びをしています。冬のこの季節だからこそ楽しめることを見つけながら今月も楽しく過ごしていきたいと思います。

今月のおすすめクッキング

2月3日は節分です。
豆まきに使われる大豆は良質なたんぱく質を豊富に含むことから「畑の肉」と呼ばれています。
大豆からは豆腐、納豆、油揚げ、みそ、しょうゆ、きなこなど様々な加工品がう生まれます。大豆は生のままではほとんど消化されません。ところが加工食品にすることで消化吸収率が90%以上になります。
加工によってさらに価値が高まるのが大豆の特徴です。


  • はくさいスープ
    材料(大人約4人分)
     
豚ひき肉 * 作り方 *
① 豚ミンチとしょうがのみじん切りを油で炒める。

② せん切りに切った人参と白菜の芯を加え炒める。

③ ②にスープを加え、白菜の葉を加え、塩で味を
 調え、小口切りにしたねぎをちらし、最後に
 水溶き片栗粉でとろみをつける。



白菜
生姜
人参
ねぎ
スープの素
片栗粉

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 春の町保育園

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

↑ PAGE TOP