社会福祉法人 弾心会 春の町保育園

保育園だよりNews letter

全体のおしらせ * 2020年3月号

 寒い冬が過ぎ、少しずつ木々の新芽のふくらみに春の訪れを感じられる今日この頃です。
園庭の芝生や木々には野鳥が餌を探しに来る姿が見られ、さくらの木々のつぼみも膨らみ始めています。
 令和元年度も終わりの月となりましたが、この1年間の子どもの成長は本当に頼もしくうれしいものです。今年度はあと1カ月、この一年間さまざまな面で保護者の皆様にささえていただいたこと、心より感謝しています。本当にありがとうございました。

 みそ汁クッキングをしました
 去年の10月3日に米麹と乾燥大豆を蒸してつぶして混ぜて仕込んだみそが熟成して出来上がり、2月12日にぞうグループが仕込んだみそのみそ開きをしました。カメから出したみそを小皿についで、味見を一人ずつしましたところ「美味しい!甘~い、マグロの醤油漬けの味がする!」と思いがけない感想が聞かれました(笑)そして次の日にぱんだ、きりん、ぞうグループでみそ汁クッキングを行いました。
 今回は暖冬の影響なのかカメ出しした時は熟成が進んでいて塩慣れしてとても美味しかったです。
 ぱんだ、きりんグループは作ってはいないのですが、その日に作るみそ汁はぞうグループが作ったみそを使うと知っていたので、野菜などの材料も丁寧に切ってよりおいしく仕上げようと力が入っていました。指先を丸めて添えますが、包丁を使った事がない子も多く、こわごわ指を切らないように、でも野菜は薄く・・・。緊張しながらも楽しそうでした。こんにゃくはツルツル滑って危ないのできりん、ぱんだグループが手でちぎりました。
 同じ材料、同じ量のみそで作った豚汁はなぜか、それぞれクラスごとに違った味がしました。
いつもは苦手で残す野菜も「自分が作ったみそ汁たから・・・」と食べてしまう子どももいて多めによそっても各クラス完食していました。ぱんだグループ、きりんグループは年長児になったら、みそ作りをする事を楽しみにしています。

ももぐみ

少しずつ暖かくなり春を感じられるようになりました。子どもたちは、園庭やウッドデッキにと戸外遊びを楽しんでいます。園庭遊びは砂場がお気に入りのようです。中に入りスコップで砂をすくいバケツに入れたり、不安定な砂場の中を歩いたりと楽しんでいます。ウッドデッキでは、すべり台の階段をハイハイであがり、滑っています。最初はすべることを少し怖がっていたのですが、今では、楽しいようで、早いもので、ももぐみも残り1ヶ月。子どもたちと楽しく過ごしていきたいと思います。

たんぽぽぐみ

早いもので今年度も残り1ヶ月となりました。寒い日が続きますが、寒い中にも春の日差しが少しずつ感じられるようになってきました。
歩くのが上手になり、今ではお相手の子を呼び、手をつなぐと喜んで歩く姿がたくさん見られるようになっています。また、すべり台ではボルタリングや網目状のロープからもスムーズにあがって楽しんですべれるようになりました。
4月からは1つ上の学年に進級になります。残り少ない日を大切に楽しくたんぽぽ組のお友だちや保育士と過ごしていきたいと思います。

すみれぐみ

園庭の木々のつぼみが膨らみ始め、春の訪れを感じられるようになってきました。早いもので今年度も残り1ヶ月...4月当初はまだあどけなさの残っていた子どもたちが、今ではすっかり大きくたくましく成長した事を日々感じています。4月からは一つ上の学年のひまわりぐみに進級します。今月は、ひわまりぐみで過ごす時間を更に増やし、新しい環境に子どもたちが無理なくスムーズに慣れていけるようにしていきたいと思います。

ひまわりぐみ

春の暖かな陽射しの中、元気に戸外を走り回る子どもたち。かと思えば雪が降る日もあり寒暖差が激しかったように感じます。園庭にも雪が積もり、少しだけ戸外遊びをして雪や氷の冷たさを肌で感じることができました。
室内ではケーキ屋さんがオープンしました。エプロンをつけて「いらっしゃいませー!何のケーキがいいですか?」と可愛い店員さんになりきったり「ロールケーキください」と上手にお客さんになることができてました。ごっこ遊びを通し、お友だちと一緒に遊ぶことをとても喜んでいます。3月後半は進級するクラスで過ごす時間が長くなります。
お兄ちゃん、お姉ちゃんと楽しく一緒に遊びたいと思います。

ばらぐみ

寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになってきました。ばら組では、絵本「からすのぱんやさん」に出てくるいずみがもりにお部屋が変わり、積木で作ったもりには、折り紙で作ったからすが沢山とまっています。また、パン工場もでき、新聞紙を丸めたり、ねじったりしながら色々なパンが完成しています。ひとりひとりからすの帽子も作り、「カー、カー」とからすになりきっている姿がとってもかわいいばら組の子どもたちです。今月は、「からすのぱんやさん」をオープンし、今年度最後の1ヶ月を楽しんでいきたいと思います。

ゆりぐみ

絵本「バルバルさん」をテーマに床屋さんがオープンしました。積み木を積んで、お店の壁を作っていたのですが、何度も壊れ、そのたびに修復しながら試行錯誤を繰り返し、完成しました!子どもたち同士で積み方を伝え合い、3、4、5歳児が協力して積んで完成したので「やった~!」と大喜びでした。毛糸を三つ編みしたり、ビーズのひも通しをしたりして、髪飾りも作りました。ハサミやくしの入ったポーチを腰に巻くと、気分はバルバルさん♪お客さんのリクエストに応え、紙をカットしたりヘアアレンジして楽しんでいました。
残り1ヶ月、たくさんの楽しい思い出を作っていきたいと思います。

さくらぐみ

戸外あそびでは日射しが強い日は、汗ばむほど元気いっぱい遊んでいます。氷鬼やすべり棒、三輪車等、友だちと交代しながら、楽しんでいます。室内では「いとうづの森公園」をイメージし、沢山の動物がLaQで作られました。積み木で各部屋をつくったり、LaQで飼育員・自動販売機・遊具等々。子どもたちも「これがいるね」「ここは、お店もあったよね!」と、とっても盛り上がっています。お店やさんコーナーでは、「どうぶつのえさ」を売ったり、ポップコーン・ポテトも作って楽しんでいます。年長(ぞうグループ)はいよいよ卒園の月となりました。たくさん楽しい思い出を胸に、小学校へいっても頑張っていってほしいです。

ファミリークラス

早いもので、あと1ヶ月で今年度も終りになります。歩けなかった子が歩き、少しずつ言葉もでてくる。ままごとコーナーでもごっこ遊びが上手になる。折り紙もどんどん上手くなる、大きい子を見てまねする年下の子たち。0歳~6歳までの元気なファミリークラス、保護者のお迎えを待っている間、淋しくないよう、毎月玩具を変え楽しく遊ぶ事ができました。 今月より大きなベビーサークルも置いています。赤ちゃんよりも大きな子たちが興味津々でした。

今月のおすすめクッキング

寒くなると水が冷たくなり、指先だけをぬらすなど、手洗いが不十分になりがちです。手洗いは食中毒予防や、風邪やインフルエンザの予防にも効果的ですのでしっかりと行うようにしましょう。


  • 鶏のから揚げ甘辛煮
    材料(大人約4人分)
     
鶏もも肉 * 作り方 *
① 鶏肉は食べやすい大きさに切る。
② ①に片栗粉をまぶして油でカラッと揚げる。
③ Aの調味料を鍋で煮立たせる。
④ ②を③にからめてできあがり
 
片栗粉
A 砂糖
A しょうゆ
A みりん
A 水
A 白ごま
揚げ油

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 春の町保育園

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

↑ PAGE TOP