社会福祉法人 弾心会 春の町保育園

保育園だよりNews letter

全体のおしらせ * 2018年9月号

 子どもたちと過ごした夏まつり、いかがだったでしょうか。今年のイベントはブラックライトを使ったお話をしました。明るい部屋から電気を消したら、蛍光色に光る絵の具を使って描いた光る魚を見て「ワ~、きれい~」と、歓声があがりました。人間の姿は見えませんが、聞き覚え(笑)のある声でカニや魚がセリフを言っていたので、初めて聞くお話ですが、親しみを覚えたのではないかと思います。短いお話でしたが、めずらしくて、2回も見に来てくれたお友だちもいました。最後に会場の皆さんで「うみ」を合唱して終わり、夏の楽しい思い出となったことでしょう。他には風鈴を作るのにまず、飾りの金魚を竿で釣ってから、風鈴のカップや鈴、リボンと結びつけて作りました。そのままお土産として持ち帰ったので、園内で涼しげな鈴の音が聞こえていました。「めっきらもっきらどおんどん」の無料ゲームでは日ごろ読んでいる大好きな絵本の長い呪文もわけなく、スラスラ出てくる子ども達でした。

 月見の話
 月見とは、一般的には旧暦の8月15日(十五夜)をさします。2018年の十五夜は、9月24(月)です。十五夜は秋の美しい月を艦賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で、「中秋の名月」と呼ばれています。旧暦では7月~9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続きますが、仲秋(9月7日~10月7日)は秋晴れも多く空が澄んで美しく見えます。そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族から庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていき、芋類の収穫祝いをかねているため、「いもめいげつ」という別名で呼ばれるようにもなりました。

 こんな時に知っておきたいこと
 9月9日は救急の日です。子どもの病気やけがの時などに小児救急電話相談などを知っておくと便利です。

 小児救急電話相談 #8000
 子どもの急な病気などで、どうしたらよいか悩んだ場合には、#8000にかけると住んでいる都道府県の窓ロに自動転送されます。実施時間帯は自治体によって異なります。

ももぐみ

外に出れば暑さが続き、まだまだ秋の訪れは遠いようです。それでも空は少しずつ秋の空になってきて、季節の移り変わりを感じます。7月から始まった水あそびでは、初めて水に触れる子も多く、水の冷たさや泡の感触を味わったり、沐浴で汗を流したり充実した夏をすごしました。
今月は、夏の疲れがでて体調を崩しやすい時期なので、ゆっくりすごしながら、気候のよい日は戸外遊びを楽しみたいと思います。

たんぽぽぐみ

先月から新しいお友だちが増え、8名でスタートしたたんぽぽ組です。
新しい環境に慣れずに泣いてしまう子がいましたが、今ではすっかり楽しんで笑顔を見せてくれるようになりました。赤ちゃん人形やくまのぬいぐるみのお世話をしたり、お友だちを誘って一緒にわらべうたをしたりして遊んでいます。
楽しかったプールあそびも終わり、涼しくなってきたら体調に気を付けながらまた体を動かして戸外あそびを楽しみたいと思います。

すみれぐみ

残暑が厳しく暑い日が続いていますが、子どもたちの元気な声で溢れているすみれ組です。毎日「あついね~」と言いながら保育室やウッドデッキで元気に遊んでいます、色水遊び、シャボン玉、水風船、泡ぶく遊びなど、夏ならではの遊びもたくさん楽しみました。先月に引き続き行われたプール遊びでは、多くの子どもが水にもすっかり慣れ、シャワーを掛けてあげると「キャー」と喜ぶ姿がとても可愛らしく、印象的でした。涼しくなってきたら戸外遊びも楽しみたいと思います。少しずつ秋への移り変わって行く自然を子どもたちと一緒に探しながら楽しく過ごしていきたいです。

ひまわりぐみ

先月はプール遊びや色水遊びと、夏の遊びを満喫しました。先日、曇りの日に少しだけ園庭遊びをしました。久しぶりの園庭遊びに子どもたちはあ大喜び。すべり台をすべったり元気いっぱい走り回っていました。
お部屋では遊び方も少しずつ変わってきていて、自分たちでいろんな工夫をして遊んでいます。ままごとコーナーでは、フェルトの食材をきれいに並べてケーキを作っていました。こんなにも上手に作れるようになってきた子どもたちに驚きでした。

さくらぐみ

まだまだ暑い日が続いていますが、夜になると虫の鳴く声が沢山響く様になりました。楽しかったプール遊びも夏まつりも終わり、少しずつ秋の気配が近づいています。さくら組では「じっちょりんのなつのいちにち」の絵本あそびが終わり、「やまこえ のこえ かわこえて」という、きつねのキッコちゃんのお話へと移りました。積み木コーナーには「いなり神社」をつくり、お店やさんは「いなりずしときつねうどん」やさんになります。まだまだ製作途中ですが、子どもたちと楽しい世界を作っていきたいと思います。

ゆりぐみ

暑さに負けず、元気にすごした子どもたち。8月も思いっきりプールあそびをたのしみました。最初は少し怖がっていた子たちも少しずつ慣れ、出来ることが増え、自信を持って遊んでいます。室内では『めっきらもっきらどおんどん』のテーマで遊びました。
おもちゃやさんがオープンし、年長組を中心に楽しんでいました。絵本を見ながら「黄色のおもちはれもん味!」などと話し合ってメニューを決めていました。9月になっても残暑が厳しい様子。涼しい日には秋を感じられると良いな、と思っています。

ばらぐみ

プールも満喫できた8月が終わりました。夏まつりごっこも楽しくて段ボールで作った太鼓を叩いて楽しんだり、ぞうグループさんがぱんだ、きりんグループに「春風太鼓」を教えている姿は、とってもほほえましかったです。絵本を見てモザイクスティックやラキューでお月見を作ったりして夏から秋への移り変わりです。模様替えした部屋で楽しく遊んでいます。早く外あそびができる気候になってほしいと願う子ども達です。

ファミリーぐみ

まだまだ夏の暑さが残る毎日、子どもたちは汗をかきながら元気に遊んでいます。
新しいパズルに挑戦する子が増えてきています。5歳児の子は要領を覚えてサクサクはめることが出来るようになってきています。2歳児の子も興味を示し集中してしています。ファミリーの子どもたちと一緒に保護者の方がお迎えに来るまでとても楽しそうに遊んでいます。

今月のおすすめクッキング

さつまいも
ホクホクと甘くおいしいさつまいも。主成分のでんぷんはエネルギー源となり食物繊維をはじめビタミンC、ビタミンB群が豊富な野菜です。
9/14(金)はさつまいもごはんです。お楽しみに。


  • 三色ご飯
    材料(大人約4人分)
     
* 作り方 *
① ごはんを炊く。
② 鍋に油を熱し、溶きほぐした卵を入れて大きく混ぜ、いり卵を作る。
③ 小松菜は1~2㎝の長さに切ってから茹で、水分を切る。
④ 塩昆布と③を和え、味がなじんだらごはんに混ぜる。
⑤ ④に炒り卵といりごまを加える。

小松菜
塩昆布
いりごま

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 春の町保育園

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

↑ PAGE TOP