社会福祉法人 弾心会 認定こども園 春の町保育園

トピックス


5月1日
こどもの日お楽しみ会
こどもの日にちなんだ
クイズを楽しみました。
園長先生からのこどもの日のお話を
しっかり聞いていました。
みんなで
「こいのぼりさんありがとう」のお話を見ました。
5月30日
エコマザー
環境について沢山お話をしてくださいました。
興味津々のこどもたちで、どんどんお話に
引き込まれていきました。
最後はたくさん約束も出来ました。
6月22日
みんなでクッキング・梅漬け
久しぶりのクッキング、
皆テンションが上がり気味。
気持ちを落ち着かせて話を聞いています。
梅のおへそを丁寧に取っていきます。
話をしっかり聞いて、優しく扱っていました。
塩と梅を交互に入れていきます。
これも梅が傷つかないように
丁寧に入れていきます。
全部入れてしまったらおしまいです。
梅酢が上がってくるのを楽しみに待ちます。
6月22日
紫蘇揉み、紫蘇漬け
シソの葉を枝から1枚づつ丁寧にとります。
取っても取っても無くならない紫蘇の葉を
根気よく取っていきました。
全部取ったしその葉を
今度は大きなボールの中で揉みこみます。
リズムよく揉みこむことが難しく、
何度も挑戦していました。
しっかり揉み込むことで葉は小さくなり、
汁もしっかりと出てきました。
梅の実と紫蘇を交互に入れて、
しばらく置いておきます。
今度見た時はどんなになっているか
とても楽しみです!!
7月5日 お楽しみ会
七夕のお楽しみ会をしました。
短冊に書いた願い事を
みんなの前で披露しました。
マグネットシアターで「願いごとなあに」の
おはなしをみんなで見ました。
ランタンを作り電気を消して明かりをともすと
みんな「きれ~い」「すご~い」と口々に
言っていました。
8月17日 なつまつり
絵本「めっきらもっきら どおんどん」
をテーマに夏まつりを行いました。
主人公かんたになり、
マントを付けてゲームを楽しみました。
ちょっぴり難しかったけど
上手に的に当てる事が出来ました。
素敵な色のヨーヨーも
釣る事が出来ました。
9月6日 防災訓練
大雨の為、水害が発生したと想定し、
訓練を全園児で行う。
慌てずゆっくり2階の遊戯室へ移動する。
手すりを持って順番に
上手に移動が出来ました。
みんな無事に遊戯室に集まる事が出来、
静かに園長先生のお話を聞く事が出来ました。
訓練という事で、
水が出ない、電気、ガスが止まったという事で、
1日過ごしました。
各クラスで災害についていろいろと話し、
非常時避難袋などもみんなで確認しました。
いつもと違う食器でしたが、
戸惑う事もなく上手に食べる事が出来ました。
災害が起きる事がない事を願いながら
みんなで食べました。
11月1日 交通安全教室
交通公園の方が来てくれ、安全教室を行い、
参加しました。
分かりやすく標識などの話もして頂き、
みんな真剣に聞いていました。
遊戯室で横断歩道のわたり方を
皆で一緒に教わりました。
最後は園庭で横断歩道や信号機を使って
実際に渡ってみました。
みんな上手に渡る事が出来ました。
11月21日 消火訓練
避難訓練後消火訓練を行いました。
消防士さんの話を真剣に聞いている子どもたちです。
子どもたちの前でのデモンストレーション
さすが、しっかり消火することができました。
大きな消防車を間近で見て、
大人も子どもも大興奮!
「大きくなったら消防士になる!」と話も弾み
しっかり写真も撮りました。
最後は駆け寄って見送り、帰っていく消防車にずっと手を振っていました。
12月22日 お楽しみ会
遊戯室で冬至の話の後、クリスマス会をしました。
話を聞いた後、きりんグループのみんながステージに上がり、発表会で披露したダンスに合わせて、
皆で楽しく踊りました。
サンタクロースからのメッセージにみんな驚いたり喜んだり(*^v^*)とても嬉しそうでした。
お部屋に戻るとサンタクロースからのプレゼントが・・ 何のプレゼントか興味津々!
目を満丸くしてジーッと動かず見ている姿がとても可愛かったです。
2月1日 お楽しみ会
節分のお楽しみ会をしました。
先ずはぞうグループさんが鬼になり、小さなお友だちの所へ厄を払いに行くために準備中です。
鬼は~外 福は~内 ぞうグループの鬼が怖くて泣いてしまう子やしっかり豆(新聞紙)を投げる事ができる子など賑やかな豆まきでした。
ぱんだグループ、きりんグループさんからは
しっかりと豆(新聞紙)を投げられた
ぞうグループさんです。
豆まきの後は福の神から届いた手紙を園長先生から読んでもらいました。
楽しい豆まきが終わってホッとしたのもつかの間、なんと大きな大きな鬼がやってきました!!
最初は驚いて、子どもたちはすこし怖がったり、後ろに隠れたりしていましたが、大きな声で「鬼は外~」と元気に豆をまく事ができました。
子どもたちの元気な声に負けて鬼は保育園から逃げていきました。
2月22日 食育
魚屋さんがサバをさばいてくれました。子どもたちは静かに話を聞いて興味津々です。
初めは恐る恐る近づいて来ていた子どもたちも、魚を間近にしてツンツンと触り出し、「つめたい」「目がある」などの会話から始まり、「口の中は?」「尻尾が硬い」など、徐々に盛り上がってきました。
魚は魚屋さんが心臓や内臓など説明をしながら見せてくれ、綺麗に3枚にさばかれました。
魚は魚屋さんが心臓や内臓など説明をしながら見せてくれ、綺麗に3枚にさばかれました。
事前に学んでいた魚の絵と見比べながら、話は尽きず、いつの間にか触ることに何の抵抗も無くなっていた子どもたちでした。
絵を手にもって「同じ~すごい!」と何度も見比べていました。細かな部分まで見ていて、こちらが声を掛けるまで、魚の前から離れようとはしない子どもたちでした。。
この中には何が入っているのかな?と、興味津々に覗き込んでいる姿がとても可愛いひまわり組さんです。
さばいた後は、皆からの質問コーナー
「魚はどうして水の中で生きているの?」
「この魚は生まれてどのくらいたっているの?」
「どうして人は魚を食べるの?かわいそう・・」
など、沢山質問が出て、人間との違いや命を頂く大切さなど一つひとつ魚屋さんが答えてくれました。
その後の給食(魚のみそ煮)はみんなしっかりと感謝をしながら頂く事ができました。

Takamidai Hoikuen

社会福祉法人 禅心会 
認定こども園 春の町保育園
園長 西山かおり


 

〒805-0050
北九州市八幡東区春の町4-3-8
TEL.093-681-2245
FAX.093-681-5343

北九州市保育士・保育所支援センター
連絡先:hoi-hoi@city.kitakyushu.lg.jp

↑ PAGE TOP